マンション売却の仲介業者を探す方法とは? – マンション売却の流れ2

マンション売却の仲介業者を探す方法とは?

マンションを効率よく売却するには、まず自分の資産であるマンションの相場を調べることですが、その次に行うのが「仲介業者(不動産会社)」の選定です。

マンションなどの不動産は、自分で買い手を見つけて自己売買することも可能ですが、契約面や支払いなどの問題からそれは取引全体の極少数です。また知人などへの売却では、価格を値切られたり、引渡し後にトラブルが出たりと、様々な問題が発生することがあります。

このような問題を回避するためには、信頼できる仲介業者を選定して、契約から引き渡しまで依頼することです。

【仲介業者の探し方1.】近所で評判の良い不動産会社を選ぶ

地元で古くから営業している不動産会社には、様々な噂が飛び交っているはずです。「あの不動産屋はぼったくりだ」とか「アパートの苦情を言ってもまともに動かない」などです。このように悪い噂の全てが真実ではないと思いますが、火のない所に煙は立たずで、やはり敬遠した方がよさそうです。

反対に「あそこの社長はいつもニコニコして親身に相談してくれる」「電話の応対も丁寧で好印象」などの評判があれば、ぜひ査定を依頼して相談してみましょう。

【仲介業者の探し方2.】インターネットの一括査定を利用する

「不動産一括査定サービス」とは、インターネット上のサイトで、売却希望物件の情報と最低限の個人情報を入力することで、サービスに加盟している複数の不動産会社に査定を依頼することができるサービスです。

このようなサービスを利用すると、一度に多くの不動産会社に査定して貰えるので、結果を見てから条件の合った会社を選定できます。

不動産一括査定サービスのメリット・デメリット

不動産一括査定サービスは便利なサービスですが、メリットだけでなくデメリットもあることを理解しましょう。

【不動産一括査定のメリット】

・自分の知らない様々な不動産会社の査定を無料で受けることができる
・複数の不動産会社が競合することで高値査定が出やすい
・エリアや物件に特化した不動産会社が見つけられる
・その他

【不動産一括査定のデメリット】

・サービスに加盟していない不動産会社の査定は受けられない(特に中小企業)
・各社の査定に幅があり、どれが適正な価格なのかの判断に迷う
・一度依頼すると比較的営業がしつこい業者もいる
・その他

不動産一括査定サービスは大手不動産の査定と考える

例えばNTTデータが運営している「HOME4U」では、「東急リバブル」「野村の仲介」「みずほ不動産」「東京建物」など、大手の不動産会社が参加しており、簡単に査定を依頼することが可能です。

しかし、このようなサイトには売却したい物件近くの「地元密着の不動産会社」は含まれておらず、あくまで大手不動産の視点での査定になります。

バランスを取る意味でも不動産一括査定サービスのみの査定は避けて、自分の足で近所の不動産会社を回り、査定を受けることも大切です。原則、査定にお金はかからないので、気軽に依頼して仲介業者を選択するようにしましょう。